椎間板ヘルニア、その3(声の下に、施術例)

施術例(腰椎椎間板ヘルニア)

より良い施術ができるように、まずお話をうかがうことからです。お話をうかがい、独自の確認から施術内容を組み立てます。

お一人お一人に合わせた施術をする上で、大変重要です。

症状に合わせた施術ではなく、お一人お一人に合わせた施術で早い改善につなげてきました。

お話をうかがう分、初めての方は少々お時間を長くいただきます。お忙しい中のご来院で、他店に比べて少々お時間が掛かるかも知れませんが、より良い施術のためご了承願います。

連動する広い範囲を緩めていく

ご本人様の意識は、どうしても症状がある部位にいきますが一緒に動く部位も凝り固まります。

そして、他の部位に原因があることが多いです。

連動する広い範囲を緩めて(マッサージのようにほぐして)いきますが、力加減は強くやれば効果が上がる訳ではありません。

気持ち良い・イタ気持ち良いが目安です。

特に痛みが強い時には、注意が必要です。

早い改善を目指すために

基本的に、整体師の手足で行う手技療法です。

早い改善のために、効果を上げるために木製器具を使う場合があります。

もちろん危険なことではありません、安心して受けていただけます。力加減は調節できますし、うかがいながら進めていきます。

気になることがあれば、施術中でも構いませんので声を掛けてください。(^^♪

緩んでから矯正

十分に緩んでから行うことで効果が出やすく、持続しやすくなります。

元の良い状態に整える、戻すものです、心配いりませんよ。(^^♪

決して無理やり力ずくで行うようなことはありません。

その後に横寝や仰向けの施術

腹の緊張を解いて内臓の働きを活発にすることも重要です。

腹部はデリケートなので、力加減は軽めです。

差し支えがある方は気兼ねなくおっしゃってください。

そして、体勢が苦しい場合にも我慢せずにおっしゃってください。(^^♪

出来る範囲で行うことが、遠回りのように感じられても実は改善への近道ですから。

例えば苦しい体勢も、良くなってくれば楽に出来るようになってきます。

効果を比較

症状によって、またはその方によって整体直後に、すぐに比較しやすい場合と少し時間が経ってからのほうが比較しやすい場合があります。

その場で比較できることと、日常で比較できること、いろいろな場面で比較してみてください。

整体後に説明します

症状や状態の話、今後の理想的な進め方の説明などをいたします。

無理な次回予約の強制はいたしません、安心してください。

但し、大事なことですので、説明やご提案はさせていただきます。

真剣に向き合う、そしてそこまでが役目だと考えています。(^^♪

ご一緒にがんばりましょう

改善の進み方には、どうしても個人差があります。症状の程度や、発症してからどのくらい経つか?などで変わってきます。

なぜなら、体が悪い状態を覚えてしまっている期間が長いか?短いか?の違いで体の負担が変わるからです。

または日常で痛い動作をする時間、または同じ姿勢がどれくらいの時間なのか?同じ体勢が続くと同じ筋肉が酷使されますので。

早い改善を目指し、ご一緒にがんばりましょう。つらい時間なんて早く終わらせたいですもんね。(^^♪

お早目にご相談ください

お早目のご相談が早い改善につながります。

そしてもう一つの理由、私の体験談になってしまいますが、皆様が‟早めに相談したほうが良さそうだな”と思っていただく‟きっかけ”になればうれしいです。(^^♪

本部での修行中に担当させていただいた、股関節痛の方からの言葉です。

何回かご来院され大分楽に動かせるようになった時に、手術が決まっていて少しでもそれまでに楽になればとご来院されたと伺いました。

その時の言葉が『このまま続ければ良くなると思うから残念です、もう少し早く来れば良かった』。

手術も選択肢の一つです、良くなっていただくことが最優先ですので誤解のないようにお願いします。

あなたが手術は最終手段とお考えならば、お早めにご相談ください。(^^♪

整体療術 健友館“笑顔”

〒162-0813東京都新宿区東五軒町6-31 ライオンズマンション飯田橋2階店舗