腰痛その4、声の下~もも裏硬いと原因の1つ、院内ツアーの上まで

より良い施術のためにご理解ください

お話を詳しくうかがう分、初めての方は少々お時間を長くいただきます。

強い痛みがある時は早く施術に移ってほしい、そう思う気持ちは良く分かります(私も腰を何回も痛めていますので)。

しかし、詳しくうかがうことで腰痛自体を忘れるほどの、びっくりするくらいの改善が見えるとしたら・・・?あくまでも改善の進み方には個人差がありますが、あなたにも早く良くなっていただきたい、そのために、より良い施術のためにご理解ください。

施術の進め方は

まず、凝り固まった筋肉を十分に緩める(マッサージのようにほぐす)ことからです。

この際に、とても重要なことがあります。

腰だけを緩めるのではありません

どうしても痛みの部分に意識がいきますが、そこだけではなく連動する広い範囲の施術が大変重要です。

背中~腰~臀部(尻)~足になります。

実際に尻の緩めている時に『腰が楽になる』、連動する広い範囲の施術に『理にかなっている』とおっしゃる方が多いです。

腰痛の原因の1つとして

実は尻の凝り固まり、もも裏の凝り固まりが大きく影響することが多いです。

腰痛の原因として、同じ姿勢が続くことが多い(同じ姿勢が続くと同じ筋肉が酷使される)など、その形に体がなじんで僅かなゆがみやねじれ、関節の僅かな詰まり・ズレを伴うことが多いです。

尻やもも裏がこり固まり、引っ張られるように尻の真ん中の平たい骨(仙骨)の左右上部にある関節(仙腸関節)が僅かにズレて腰に痛みが出ることが多いです。

痛みの場所にしか意識がいかず・・・

ちなみに 私もこのケース でした。施術を受け、もも裏を押された時に固まりがあるのをハッキリと感じましたが、押されるまでは気付きませんでした

ご本人様の意識は痛い部位に集中するため、他の部位には意識がいかないことがあります。

整体療術 健友館“笑顔”

〒162-0813東京都新宿区東五軒町6-31 ライオンズマンション飯田橋2階店舗