不定愁訴、写真を大きく、その2(お互いに得意分野~強制はしません、まで)

治療(施術)法には、お互い得意分野があります

いろいろな治療法・施術法があり、お互いに得意分野があります。

各治療(施術)法には効果が期待できます。

ですからこれは他の治療・施術の否定ではありませんあなたが良くなっていただくことが最優先です。

整体でも対応できないことはあります、骨折には対応できません

看護師さんもご来院されます

当院は看護師さんもご来院されます。また、看護師さんのご家族やご友人が『行ってみたらと言われて』

例えば・・・

例えば整形外科でレントゲンを撮り異常なしの場合、そこから先の治療は限られます。

その場合、他の選択肢を探すことになります。

整骨院、鍼、気功、マッサージ、そして整体など。それでも良くならない場合は?

また他の選択肢になります。治療(施術)法自体を変えるか?方法は変えずに治療(施術)院を変えるか?

ひとくちに整体と言っても

もちろん整体も選択肢に含まれますが、各整体院によって、捉え方、施術内容が異なることもあります。

ご本人様がご納得の上で施術を受けていただきたいと思います。

ご本人様の元気を引き出す

当院では、凝り固まった筋肉を十分に緩めて(マッサージのようにほぐして)から、体に無理なく歪みやねじれを矯正(元の良い状態に戻す)します。

構造異常を正し神経の圧迫を取り除き、体が元々持っている自然治癒力を引き出します。

‟元の良い状態に整えて元気を引き出す”‟根本から改善していく”、簡単に書いたほうが分かりやすいでしょうか?(^^♪

お早目にご相談ください

体が悪い状態の期間が短い、慢性化する前に施術を始められたほうが早い改善が期待できます。お早目のご相談が早い改善につながります。

そして、・・・本部修行時代に担当させていただいた股関節痛の方の言葉に続ければ良くなると思うから残念です、もう少し早く来れば良かったがあります。

手術の日程が決まっていて、少しでも楽になればとご来院されたと後からうかがいました(手術が悪いことはなく良くなっていただくことが最優先、誤解のないようにお願いいたします)。

あなたが早めに行ってみようかな?と思う ‶きっかけ” になれば嬉しいです。(^^♪

そして施術へ(施術例)

いろいろな技術を使い緩めていきます。力加減は気持ち良い・イタ気持ち良いくらいが目安。強くやれば効果が上がる訳ではありません。

強過ぎると我慢しようとして体に力が入ってしまいますよね?柔らかくしようとしてるのに、カチカチにしているようなものですから。

その後に

十分に緩めてから矯正することで体に無理なく効果が出やすく効果が持続しやすくなります。

矯正も決して力ずくでは、ありませんよ。(^^♪

あくまでも元の良い状態に戻すためで、音が出る場合がありますが調整された合図のようなもの。すべての矯正技術が音が出る訳ではありません。

その後に横寝や仰向けの施術に続きます。

仰向けで腹部を軽く押さえます。腹の緊張を解いて内臓の働きを活発にすることが大切。

お声掛けしてから行いますが、差し支えがある方は気兼ねなくお申し付けください。

効果の比較

整体後に効果を比較していただきます。

直後が楽な場合と少し時間が経ってから、ぐ~んと楽になる場合とあります。

また、その場で比較しやすいことと、例えば朝に症状を感じるなど一日を通して比較しやすい場合など、いろいろな比較の仕方があります。

その後にお体の状態やご注意点などを説明いたします。

理想的な施術のペースは

はじめのうちは時間の経過と共に効果が薄れやすい、なぜなら体が悪い状態が当たり前になっていて日常の負担を受けやすいから。これは劇的に改善が見えた方でも当てはまります。

施術の間隔を詰めて → 改善に伴い間隔を広げていくのが理想的なペースです。広げても戻りにくくなってきます。(^^♪

提案しますが、強制はしません

早く良くなっていただきたい、そのためのご提案までが役目です。

無理な次回ご来院の強制はいたしませんのでご安心ください。(^^♪

整体療術 健友館“笑顔”