肩こり、写真を大きく、その2(治療法・施術法は色々と~鍼治療、まで)

治療法・施術法は色々と

整形外科で問診やレントゲン検査からの治療や、整骨院で治療器などの機器と手技。が一番身近でしょうか?

その他にも整体も含めて色々な治療法・施術法があります。

お互いに得意分野があります

どの治療法・施術法も効果が期待できます。

そして同じ治療法・施術法、例えば整骨院なら整骨院、整体院なら整体院でも捉え方が違う場合もありますので、ご本人様がご納得の上で受けていただきたいです。

これは決して他の治療院・施術院の批判ではなく、ご本人様が良くなっていただくことが最優先だからです。

整骨院では?

本来、整骨院は急性のケガや骨折などが適応症状です。その場合は保険治療が受けられます。

治療内容としては、問診や触診から低周波治療器や温め機械を使用、その後に治療家の手を使う手技療法を行うことが多いです。

慢性症状でケガの特定ができない場合は保険適応外になることもあるようです。受ける前に確認していただくとよろしいかと思います。

また、整骨院によっては保険が使えない治療器や鍼などを行えることもあります(もちろん患者さんの了承を得てからです)ので、これも確認していただくとよろしいかと思います。

マッサージ、鍼、気功

その他の治療としては、マッサージや鍼、気功でしょうか?保険は使えません。

そして整体

各整体院によって、捉え方や施術法が多少違うこともある様ですが、基本的には体の歪みねじれ、関節などを矯正(元の良いに戻す)して改善する手技療法(施術者の手足を使う方法)です。

整体も保険が使えません。

保険が使えない、でもそれは・・・

保険が使えないと費用は高くなりますが、逆に言えば保険のしばりがなくなり、施術(治療)内容としては改善のために関連がある部位にも範囲を広げられると言うことです。早い改善が期待できます。

当院では、こんな声もいただきました。(^^♪

コストパフォーマンスは良いと思う

それでは、整体療術 健友館‟笑顔”では?

当院では健友館本部で行っている独自の確認と独自の技術を使い、お一人おひとりに合わせた即効性が期待できる施術をいたします。

改善までの回数や期間には個人差がありますが、症状に合わせるのではなく、その方に最適な施術で早い改善を目指しています。

連動する広い範囲の施術、力加減も調節

気になる部位だけではなく、一緒になって動く広い範囲の施術が重要になります

力加減は調節できます。強くやれば効果が上がる訳ではありません。

気持ち良い』『イタ気持ち良いが目安になります。(^^♪

はじめのうちは効果が薄れがち…でも

慢性の方は特に、はじめのうちは効果が薄れて悪いほうへ戻りやすく良い状態が持続しにくいです。

これは、悪い状態が長かったため体が悪い状態が当たり前になってしまっているから。

それでも良い状態を、効果を持続できるようになります。(^^♪

『良い状態をキープできる期間が長くなって』

すぐに戻ってしまうのには理由があるのでは?

気になる部位は一部でも、一緒になって動く広い範囲に負担は広がっています。

そして凝り固まった部分には、その部分の関節(骨のつながり部分)に僅かなズレが生じやすくなります。

その僅かなズレに伴って更に血行不良が起こりやすくなってしまいます。

僅かなズレを元の良い状態に戻してあげることも必要です。

整体療術 健友館“笑顔”