左右バランス、写真を大きく、その2(気になることは~声の上、まで)

あなたが気になることは?

  • 歩く時、立っている時に左右で体重の掛かり方が違う
  • 硬めの椅子に座ると左右の尻の当たり方が違う
  • 写真を撮る時に「頭を少し右に」と注意される
  • ズボンのウエストが片方ばかり当たる、歩く時にスカートが回る
  • つい猫背に、背中が丸くなるだけではなくて肩が前に出る

『気になる』と思ったら

これ、気になると思ったあなた、お気軽に、そしてお早目にご相談ください。(^^♪

📞 03-6457-5822(完全予約制に付きお電話でご予約の上ご来院願います)

当院では早い改善が期待できて、効果が持続しやすい施術を行っています。

症状記入欄に‟姿勢が悪い”

初めてご来院の方には、カルテにご記入をいただきます。

症状やお悩み、例えば腰痛や足のしびれなどと書いていただきます(特記事項、例えば手術した部位は触れないでほしい、なども)。

そこに‟姿勢が悪い”や‟猫背が気になる”と記入される方もいらっしゃいます。

『肩が前に出てきて・・・』

猫背の方がよく口にされることがあります。

背中が丸まり首が前に出るような姿勢になると、まず前後の曲がりを気にされますが、左右の肩が前に出てくるように丸くなる(てんとう虫、または料理器具のボールをイメージしてください)ようになります。

ストレートネックを気にされる方も増えてきています。スマホの影響が大きいのでは?

お早目にご相談ください、なぜなら・・・

脅かすつもりは、まったくありません。むしろ立場上、気を付けていただきたく書いておりますのでご了承ください。

お早めにご相談いただきたい、なぜなら・・・

  1. 早い改善が期待できる
  2. そのままにしておくと悪化、痛みになってしまう恐れがある

1つずつ説明します

症状やお悩みを感じてからの期間が長いか短いか?の違いがあるからです。

期間が長い、慢性的な場合、その悪い状態が当たり前になっている時間が長いことになり、日常で受ける負担が大きいことになります。

傾向として症状が出てからの期間が短い方が、早い改善が期待できます。

2つ目

日常の生活習慣の負担が気付かないうちに積み重なってしまっている状態ですので、痛みではなくてもバランスの崩れなどが生じていると、無意識にでも体はバランスを取ろうとします。

反対側や広い範囲に負担が増してしまうことから、元々気になっていた部分が悪化したり、違う部分に痛みが出てしまう恐れがあります。

息苦しさや圧迫感になることも

姿勢の悪さから息苦しさがあって』『圧迫感が・・・とのお話も。

改善すれば日常でも負担軽減に

改善に伴い日常生活での負担も軽減され良い状態が続きやすくなってきます。(^^♪

私の体験談ですが・・・

本部で担当させていただいた股関節痛の方に、改善が見えてきた時に、手術日程が決まり少しでも楽になればとご来院されたとうかがいました。

また『もっと早く来れば良かった、このまま続ければ良くなると思うので残念』の言葉も

あなたが『早く行こう』と思うきっかけになれば幸いです。

整体療術 健友館“笑顔”