坐骨神経痛、写真を大きく、その3(声の下~動画の上、まで)

きっかけになれば

本部修行時代に股関節痛の方にいただいた言葉『このまま続ければ良くなると思うから残念です、もう少し早く来れば良かった』。

手術の日程が決まっていて少しでも楽になれば、とご来院されたと後から聞きました。

手術が悪いことはありません、良くなっていただくことが最優先です。誤解のないようにお願いいたします。

私の体験談ですが ‟早く相談してみるかな?”と思っていただくキッカケになれば幸いです。

施術例

背中~腰~臀部(尻)~足を十分に緩め(マッサージのようにほぐし)ます。

力加減は‟気持ち良い・イタ気持ち良い”が目安で強くやれば効果が上がる訳ではありません。

十分に緩めてから

体の歪み・ねじれを矯正します。元の良い状態に戻すと思ってください。決して無理に ‟ボキボキ” ではありませんので心配いりません。(^^♪

十分に緩めてからの矯正で体に無理なく効果が出やすく、効果の持続が期待できます。

股関節周りの柔軟性と土台から整えること

股関節周りの柔軟性を出す・足の長さの違いがあれば調整して土台から整える、これも重要です。土台が整っていないと体の負担が増してしまいますから。

俗に言う‟足の長さの違い”が多く見られますが、尻の凝り固まりにより、真ん中にある平たい骨(仙骨)の左右にある関節(仙腸関節)の僅かな詰まり・ズレです。

調整して元の良い状態に戻す必要があります。

横寝や仰向けも

その後、横寝や仰向けの施術になります。

腹部の緊張を解いて内臓の働きを活発にすることが重要です。そのため腹部を軽い力加減で押さえます。

もちろんお声掛けしてから行いますが、差し支えがある方は気兼ねなくお申し出ください。

整体療術 健友館“笑顔”