坐骨神経痛、写真を大きく、その4(理想的な進め方~挨拶、まで)

理想的な施術の進め方は

劇的に変化が出た方でも、はじめのうちは時間の経過とともに効果が薄れやすい…。

なぜなら、殆どの症状は日常の生活習慣の影響を受けており、はじめのうちは負担を受けやすい悪い状態が当たり前になっているからです。

施術間隔を詰めて、効果が残っているところで次の施術を受けていただくと早い改善が期待できます。改善に伴い間隔を広げていくと良い状態が維持しやすくなり理想的。

特に慢性的な方は劇的に改善が見えても

特に慢性的に症状の方は劇的に良化しても戻りやすく、少しずつ確実に良化するケースが多いです。

でも大丈夫 (^^♪ 体は良い状態を維持する力を持っており、改善に伴い間隔を広げていくと良い状態を維持しやすくなり、悪く戻りにくくなります。

良い状態をキープできる時間が長くなる

改善の進み方もいろいろ

改善の進み方にも個人差があります。

数字で例えると(ご来院時が10、改善が1)

10⇒8⇒6⇒4⇒2⇒1 確実に改善していく

10⇒5⇒4⇒3⇒1 初めは早い改善が見えて、後はゆっくり

10⇒9⇒8⇒2⇒1 初めはあまり変わらず、途中から一気に

10⇒3⇒1 早い改善、101 劇的な改善 (^^♪

でも一概には言えませんよね。少しずつの良化でも何年もお悩みの方からすると劇的に良くなったと感じることもありますから。

院長ご挨拶

こんにちは(こんばんは)、お疲れ様です。

整体療術 健友館‟笑顔”の小宅健彦(おやけたけひこ)と申します。よろしくお願い致します。

HPをご覧いただきまして有難うございます。

お悩みから解放された快適に過ごす毎日に早く戻っていただけるよう全力でお手伝いします。

一時的にではなく根本的に良くしたいあなたと真剣に向き合って、ご一緒にがんばりたいと思っています。

自分自身のいろいろな治療院・施術院への通院を通して経験したこと、感じたことを基に温かい対応を心掛けています。(^^♪

詳しくはこちら。

整体療術 健友館“笑顔”