『話?治してもらいに来てるのに?(不満顔)』⇒痛みが取れて納得 (^^♪

お疲れ様です。(^^♪

蒸し暑い日が続きますね。体調には、くれぐれもご注意ください。

当院では健友館整体術の特徴の1つである、基本動作に基づく施術で早い改善を目指しています。

まずは、どのような症状?いつごろから?どういう時に特に気になる?などなどお話をうかがって進めていきます。

より良い施術ができるように、とっても重要なことなんです。(^^♪

同じような症状でも、同じ施術内容になるとは限りません。

例えば腰痛でも、同じような痛み、場所だとしても毎回同じ施術内容になるとは限りません。

痛みの場所が同じでも『前回は前屈すると痛かったけど今回は反らすと痛い』場合もあります

ゆがみやねじれ(僅かなことが多いですよ (^^♪ )、関節の詰まりやズレなどがあった場合は、それを正す(矯正、元の良い状態に戻す (^^♪ )必要があります。

イメージしていただけると良いと思いますが、右に曲がっているのを正すのと左に曲がっているのを正すのでは、逆になりますよね?ですからいつも同じ施術内容になるとは限らない訳です。

これはあくまでも分かりやすく書きましたので、ただ単に歪みを正せば良いということではありません

以前、健友館新橋整体院(修業先の金沢本部→社員勤務で新橋整体院→独立して当院)での話で、ぎっくり腰の方だったと記憶しております。

ご来院の皆さまに、入口脇の小スペースにて座ってカルテにお名前や症状などを記入していただいて→施術スペースへ移動となっておりましたが、痛くて座れないとのこと。そのまま施術スペースへ移動していただきました。

その後は、健友館整体術の流れで進めるため、お話をうかがおうとしたところ『話?治してもらいに来てるのに?』と少し不満そうでした

それでも前述したようにお話をうかがうことが非常に重要な旨を伝え、進めていきました。

強い痛みがある時ほど”少しでも早く治療を始めてほしい”し、”少しでも早く良くなりたい”、そう思う気持ちは私にも嫌という程分かります。

しかし、その方に適した施術をすることが、その“少しでも”に近づけることにつながるので、その旨を伝えてご理解いただきました。

それでも始めは?でしたが、整体後には、かなりの改善が見えて『痛くない・・・』、それまでの流れの重要性をご理解いただけました。(^^♪

その時には当然、それまでの不満そうな表情はなくなっていました。

もう1つ、整体前にどういう時、どういう動作で痛むかをうかがっておくと、ご本人様が比較しやすいことが多いです。

整体後に同じ動作をとっても痛くない場合、自然とその動きをされている場合が多々あります

私が「この動きで痛いっておっしゃってましたよね?」と言って『あ、そうだった。すっかり忘れてた』なんてことも。

その場で比較しやすいことと、日常で比較しやすいことと、広い範囲で比較していただくと、より分かりやすいと思います。

早く良くなっていただけるように、より良い施術のためにご理解いただけると幸いです。(^^♪

 

 

 

整体療術 健友館“笑顔”

〒112-0014東京都文京区関口1-15-2 金安ビル1F